口にくわえて首を振るだけで、バーの両端にあるウエイトが大きく揺れて、顔の表情筋トレーニングがカンタンにできる「PAO(パオ))」の効果のヒミツその2。

「PAO(パオ)」のマウスピースを口にくわえて唇にあたるところ(支える部分)は、本体中央から30mm離れているところに設定されています。



たとえば、ペットボトルを手で持って上下させた時よりも、棒などの先につけて上下させたときの方が、腕に大きな負荷がかかりますよね。

同じように、「PAO(パオ)」も支える口先から本体が30mm離れていることで、より効果的に顔の筋肉トレーニングができるようになっています。



バーの先に付いている「バランスウエイト(重り)」は、カンタンに取り外しが可能。



18g・23g・28gと3種類から、トレーニングの上達に合わせて負荷を上げていったり、その日の気分・コンディション状態によって好みの重さを選べます。

購入時に3種類の重りがセットになっているので、長く使うことができますよ♪

PAO(パオ)で楽ちん表情筋トレーニング