ReFa CLEAR 熊野筆 洗顔ブラシ

敏感肌だから電動洗顔ブラシなんてもってのほか。
皮脂を取り過ぎたり刺激にならないように朝は洗顔しない(水洗いのみ)。

というスキンケア方法?を長年実践してきて、20代後半からは敏感肌&乾燥肌とうまく付き合ってきたわけですが。

先日、敏感肌でも使える優しい電動洗顔ブラシ に出会ってしまいました。

このこだわりの洗顔ブラシは、開発に5年もの歳月がかかったのだそうです・・・

熊野筆の電動洗顔ブラシ

説明不要。一目で分かる、ブラシの違い(笑)

リファ 洗顔ブラシ
(奥:プロアクティブ ディープクレンジングブラシ 中:クラリソニック mia2 手前:Refa CLEAR)

写真いちばん手前の洗顔ブラシは、熊野筆を使っている電動洗顔ブラシ なんです。

↓ VOCE(ヴォーチェ)にも載ってました。



説明を聞くまでは「洗顔ブラシなんて必要ある?肌を傷めるだけだよ・・・」と思っていたのですが、熊野筆と聞いた時点で、欲しい度80%!(←いきなりけっこう高い 笑)

その後詳しい説明を聞いたり、実際に使って感触を試してみたりするうちに、欲しい度150%くらいになっちゃいました(笑)

手洗顔よりも刺激が少ない

さらに実際に「肌当たりの優しさ」を体感する実験では、頬の表皮の約半分の厚さの薄紙(金魚すくいの紙らしい 笑)を手の甲に乗せて、水を吹きかけてくるくると円を描いてみます。

ちゃんと肌に当たっているのか分かる角度で激写(笑)



その結果は・・・この違い!!手でくるくるすると、いとも簡単に紙が破けてしまうのです。



ちなみに、手では2~3回転くらいで破けて、洗顔ブラシは10回転以上やっても薄くなる程度で破けはしませんでした。

一緒にいた友人たちが何度試しても同じ結果に。

この洗顔ブラシ、すごいなぁ・・・という感動ももちろんあったのですが、それ以上に

肌に手をすべらせることって、思った以上の刺激になっているんだ

というのを感じました。

敏感肌&乾燥肌で刺激の強いスキンケアやコスメは使えない、なんて言いながらも、けっこう肌をゴシゴシやってるな~とちょっと反省。

この後は、肌を保湿するときや、ファンデーションや下地(日焼け止め)をなじませるときなど、優しくふんわり押さえるようになりました(笑)

それは大事なことだと知っていも、なかなか面倒だったり、いつものクセでパパっとやってしまっていたけど。いや~今回目にした実験は衝撃的でした。

↓ こちらもVOCE(ヴォーチェ)に載ってます。



この洗顔ブラシは、愛用中の美容ローラー ReFa(リファ)シリーズ から発売されたもので、現在は一部の百貨店でのみ先行販売となっています。

洗顔ブラシ「ReFa CLEAR(リファ クリア)」は、ReFa(リファ)の 公式オンラインショップ では、予約が10月26日からスタート。販売は11月9日から開始されますよ~!

「洗顔ブラシ、必要あるのかねぇ・・・」と説明を聞く前に一緒に話していた友人も欲しくなってしまったらしく、早速百貨店で購入してました(笑)いいな~。

わたしは、公式オンラインショップ のポイントなどもあるので、ネットでの発売を待ちたいと思います☆



おすすめのセットはこちら 【体験レビュー】
【関連まとめ】
メモ ReFa(リファ)の選び方~使う部位別~
メモ ReFa(リファ)の選び方~ローラーの大きさ別~

【おすすめ記事】
リファシリーズ最初の1本としておすすめなのはコレ!

【リファシリーズ アイテム一覧】

        

リファカラット
美容ローラー人気の火付け役!リファの秘密