名古屋から来たお友達&近所のお友達と、麻布十番のイタリアン【es】(エス)でランチをしてきました♪


【es】 Azabu-Juban
住所 東京都港区元麻布1-2-13 元麻布ガーデンB1F
交通手段 都営大江戸線 麻布十番駅7番出口 南北線4番出口徒歩3分
営業時間
ランチ 11:30~15:00 (L.O14:30)
ディナー 17:30~23:30 ( FOOD L.O22:45)


麻布十番駅4番出口からパティオを通り過ぎ、オーガニックスーパー「 ビオセボン 」(元ピーコックの場所)の隣のビル、地下1階にあります。

店内はけっこう広くて、大きなテーブル席やカウンター席もあり、全部で68席だそう。



ホリデーランチは、メインが選べるプリフィクスコースの1チョイス。



自家製フォカッチャが付いているということで、メインはパスタではなくサーモングリルにしたんだけど、フォカッチャは小さかった(笑)



メインのノルウェーサーモンのグリルは、プリプリで脂がのっていて美味しかった~♪



ジェノベーゼソース(かな?)と、ピンクペッパーの彩りもキレイ。

友人ふたりは「 絶望 」という名前のトマトソースパスタを注文していました。このネーミング、気になるよね~(笑)

以前、新宿三丁目で食べた「 絶望パスタ 」は、これ↓



( レビュー記事 : 新宿三丁目 IVOの絶望パスタ

あー、画像見たらまた食べたくなってきた(笑)

この新宿のお店では、「 オリーブの真っ黒な色で、お先真っ暗!? 」とネーミングの由来が書かれていたけど、実は「 絶望パスタ 」はイタリアではポピュラーなパスタなのだそう。

果てしなく続く野菜のみじん切りなど、とにかく仕込みが大変で、料理人が思わず「 絶望 」することからその名前がついた、というのがひとつの説。料理人泣かせのメニューらしい(笑)

es(エス)の絶望パスタは、新宿のお店のよりもっとお上品な感じで、スープパスタではなかったです。見た目は普通のミートソースっぽい感じ。

パスタの生地はちょっと太めで、もちもちして美味しかったみたい。次に利用するときには、パスタを食べてみよう~っと。( フォカッチャ小さかったし 笑 )

ごちそうさまでした♪


【おすすめ記事】