数ヶ月前から通っていた脚やせ専門エステ・ブリアント 主催の脚やせコンテスト「ブリアント物語大会」に出場してきました!



この大会は、エステに通っている会員さんが、脚やせの成果を披露するコンテストで、2016年で第27回目となります。

今回は会場の都合で、今までよりも少し規模が小さくなったそうですが、10代から50代まで、69名の方々が参加されました。

控室は女子の熱気でムンムン!!(笑)

ランウェイを歩くリハーサルでは、みんな脚がむくまないようにスパッツを履いているのだけれど、それでも「脚、ほっそ~~~!お尻、ちっちゃ~~~い!」という感じ。

本番では水着審査⇒ドレス審査となり、水着でステージに上がった後は、控室に戻ってドレスに早着替え!

69人がドタバタしながら着替えをするので、あまりまわりの方を見ている余裕はないし、もちろん他の出場者の人がステージに上がっているのを見ることはできなかったのですが。

でもね~、やっぱりいるんですね、その中でも光ってる人が。

オードリヘップバーンのような顔立ちで(本当に似てた!)、手足が長く、シャープなショートカットで、まるで宝塚のスターのよう!!



この方がグランプリを受賞されていました。もう誰もが納得、という感じです。

2位は、太ももマイナス16.5cmを達成した20代の女の子。かわいかった~。太っていると影で言われて、見返してやりたい!という気持ちでダイエットを始めたのだそう。

3位は、同じ店舗に通っている会員さんで、40代、2児のお母さん!大会前1ヶ月くらいは毎日エステに来て施術を受けていて、めちゃくちゃ頑張っていた方です。

・・・ということで、今回は入賞ならず。

まわりの出場者の方々にお話を聞くと、50回・60回・70回と通っている方も普通にいて、夏や秋のコンテストで入賞された方などもいて。

大会前2日間は絶食していたとか、そんな話も聞きました。入賞して喜びいっぱいの方がいる一方で、涙をのんだ方もたくさん・・・

でも、入賞した人たちは、人一倍の努力をされていたのだと思います。結果発表で名前を呼ばれて、ステージに上がった時の涙がそれを物語っていました。

人それぞれ痩せようと思ったきっかけはいろいろで、家族やパートナーに協力してもらって頑張ってきた人もいれば、内緒で通っている人、ひとりで頑張ってきた人など様々。

本当にひとりひとりの女性に、それぞれの物語があるのだなぁ、と感じました。

いろいろと刺激になったことも多くて、参加させてもらえてよかったな、と思います。



痩身エステって、ある程度結果を出したら卒業、というイメージがあったけど・・・ブリアント には、「ず~っとお世話になります!」というスタンスで、5年10年と通っている人が多いのですよね。

スタッフさんも10年20年と働いている方が多いですし、他店の会員さんとスタッフさんとのやり取りをみていても、いい人間関係が築けているのだな~と感じることが多かったです。

会場全体があたたかい雰囲気で、とてもいいイベントでした。

わたしはコンテストを目標にエステ通いを続けてきたので、ここでひとまずはお休みをさせてもらいますが・・・

1~2ヶ月に1回くらいは、メンテナンスでちょこちょこと顔を出せたらいいかな、と思っています(^_^)

脚やせ専門エステ ブリアント脚やせ物語


【おすすめ記事】