電力自由化 = 電気を買う会社を自由に「選べる」



「電力自由化」 とは、2016年4月から法律の改正によって、家庭などに向けた電力の小売が自由化されることをいいます。

今までは、地域ごとに決められた電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化の開始後は、電力を小売するさまざまな会社と契約することができるようになる ということなんですね。


出典:auでんき

東京に住んでいる=東京電力、と当たり前のように思っていた電力の供給元。

今後は、利用する携帯会社が人それぞれであるように、契約する電力会社が「わたしはauでんき~」「うちはENEOSでんきだよー」と、戸別に変わっていくわけです。

「電力自由化」では、大手電力会社だけではなく、他業種企業が電力の販売をし、地域の枠を超えてサービスの提供を開始していくのですが・・・

電力自由化で選べる新電力事業者

電力自由化で選べる新電力事業者は、企業向けの電気販売をしていた「PPS事業者」、ガス会社や石油会社、大手通信会社やコンビニ、鉄道会社まで(゚д゚)!

地域の生活に密着した幅広い事業者、約100社以上が参入しています。

電力自由化 参入企業一例

業種参入企業例
PPS(特定規模電気事業者) イーレックス, ミツウロコグリーンエネルギー, Looop, ナンワエナジー
都市ガス・LPガス会社東京ガス, 北海道ガス, 大阪ガス, 西部ガス, 静岡ガス, 中央セントラルガス
その他石油・エネルギー関係ENEOSでんき, 昭和シェル石油, 東燃ゼネラル
通信・TVauでんき, ソフトバンクでんき, J:COM電力, eo電気
運輸・旅行HTBエナジー, 東急パワーサプライ
自治体・スポーツ・地域みやまスマートエネルギー, 水戸電力, 湘南電力
小売・その他 スマ電, 丸紅新電力, まちエネ

地域の生活に密着した幅広い新電力事業者が参入することで、携帯電話やガスといった他のサービスとセット加入した際の割引サービス、ポイントサービスなども選べるようになります。

電気代が安くなったり、ポイントが貯まるなどのサービスが受けられるようになるのは、とってもうれしいことなのですが、たくさんの電気会社、電気料金プランの中から1つを選ぶのは大変。ひとつひとつ調べるわけにもいかないし・・・

そもそも、我が家の場合は切り替えたほうがお得なの?というのは一番気になるところ。

そんなときは無料で利用できるエネチェンジの「電力自由化で選べる電気料金プラン比較」が強い味方!

郵便番号を入力して、月々の電気代や使い方などを選ぶだけで、100社以上の電力会社から、値段やセット、発電方法など、自分のライフスタイルに合ったプランを比較することができます(^_^)

各社のお得な割引プランや、年間でどのくらい安くなるか など
電力自由化について、さらに知りたい人は・・・

郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート! >>


今の生活環境にピッタリのプランが、おすすめの順番でひと目で分かります(^_^)♪