最近お引っ越しをして、まわりの友人・知人にたくさんの「 引越し祝いのプレゼント 」をいただきました。



贈ってもらって嬉しかったもの、贈り方に注意したほうがいいなと思ったものなど、いろいろと感じたことがあったので、今後自分が贈る際の覚書としてまとめておきたいと思います(^^)

引っ越し祝いでいただいたプレゼント

今回いただいたのは以下のお品たちです。

・現金
・お花
時計
ルームフレグランス
・お菓子
・フルーツ


引っ越しは何かと物が入用だろうから、と現金を渡してくれたのは、わたしよりも年上の方々。

関係性にもよりますが、家族や親戚、年下の人に引越し祝いを渡す場合は、現金はやはりいいと思います。考えていた以上にいろいろと細かい物が必要でお金がかかったので、実際かなりありがたかったです。

お花は大きくて豪華なものから、小さめでおしゃれなものなど。まだインテリアにあまり手をかけられていない状態のお部屋が、パッと華やかに明るくなって嬉しかったです。

時計やルームフレグランスなどの生活雑貨は、リクエストを聞いてもらっていただいたもの。

生活雑貨や家電などは、必要なものとそうでないもの、すでに買ったもの、好みなどもあるので、事前に本人に聞くのが一番だと思います。

お菓子やフルーツは、おひろめ会に来てくれた友人が手土産として持ってきてくれました。

「 その場で食べる人数分+後でわたしが食べる分 」という数で買ってきてくれたので、みんなが来てくれた日にも一緒に食べられて、翌日以降にも楽しめて嬉しかったな~。

贈り方に注意したほうがいいと思ったもの

今回いただいた引越し祝いの贈り物は、どれも嬉しいものだったのですが、ひとつだけ、贈り方に注意したほうがいいな~と思った物がありました。

それは、「 生花 」



引っ越しの翌日、まだダンボールが片付いていない状態の時にお花屋さんが大きな花を届けてくれた時に、うちの中の様子を見て「 あれっ、お引っ越しされたばかりですか!?あらら・・・逆にお花、大変ですね。。。 」と心配していました。

わたしの場合は引っ越しの荷物をガンガン片付ける時間や、お花の手入れも細々とできたので、華やかなお花はすごく嬉しかったのですが。

お仕事に行っていてなかなか引っ越しの荷解きが進まない、という状態の場合だと、贈る時期によって生花は逆に負担をかけてしまうかもしれないんだなぁ、と思いました。

プリザーブドフラワーならいいかというと、これもダンボールまみれの中にあるとちょっと切ないんだよね・・・(笑)

なので、お花を贈るなら引っ越しの荷物の整理が落ち着いたころがいいですね。おひろめ会の時に事前に贈ったり、持っていくのは◎。

新しい部屋にいつでもお花を飾れるように、フラワーギフト券という形でもらうのも嬉しいんじゃないかな~と思いました。

贈ってもらって嬉しい物ランキング

ちなみに、一般的な「 引越し祝いで贈ってもらって嬉しい物ランキング 」はこちら。

1.カタログギフト
2.金券
3.スイーツ
4.現金
5.キッチン家電


カタログギフト、金券、現金など、相手が自由に選べたり使えたりするものが上位ですね。

ちょっと味気ないような気もしますが、直接会って渡せるなら手から手へ受け取るので温かみも感じるし、実際一番ありがたいものでもあります。

郵送する場合は、心を込めたお手紙などを添えておくと気持ちは伝わると思います(^^)

タオルや洗剤、時計などは、引っ越し祝いの定番品とも言われていますが、好みの問題や必要かどうかというものあるので、本人に聞いてから贈るのがベストですね。

引越し祝いのリクエストをする時

引っ越し祝いのプレゼントは何がいい?と聞いてくれた友人には、今欲しいもの・必要なものをリクエストしました。

生活に必要なものはおおかた揃っていたので、細かいものでまだ手に入れていないものをノートに書き出してみて、相手に負担にならないくらいの金額のものを選び、希望として伝えました。

その時に、ざっくりとしたイメージで「 時計 」とか「 ルームフレグランス 」と言うと、どんなものがいんだろう・・・?色は?形は?雰囲気は?と相手に気を使わせてしまうので、「 コレが欲しい! 」と商品を指定してリクエスト。

Amazon(アマゾン)楽天市場 などのネットショップのリンクを送れば、忙しい友人でも店舗にわざわざ足を運ばずに、自宅でサッと注文して相手が欲しいものを贈れるので、気持ち的にも楽ちんだったんじゃないかなーと。

相手のことを思い浮かべてプレゼントを選ぶ楽しみ、というものあるので一概には言えませんが、忙しいけどお祝いの贈り物をすぐに届けたい!という気持ちがある友人には、通販で買える商品を指定してリクエストするのは、なかなか便利でよかったと思います。

そいういう意味では、贈る場合も、たくさんの種類(というかほぼなんでも)から選べる「 Amazonギフト券 」は、カタログギフトよりも喜ばれるかもしれませんね!

現金と同じような感覚で使えて、現金よりもなまなましさがないのがいい(笑)友人にも贈りやすいですね(^^)


1億種類以上の商品に使える Amazonギフト券


【おすすめ記事】