今回、青山やまと での夕食は、月替りの会席料理「 やまと遊膳 」をいただけるプランで、3種類の食前酒・4種類のメイン料理・3種類のデザートから、それぞれ好きな一品をチョイス。



17時までに宿に到着すると、チェックインの時にお食事内容を選ぶことができます。17時以降になると、料理長のおまかせになりますよ~。

夕食

青山やまと のお食事は、朝夕ともに部屋食が基本です。今回は6人3部屋での利用だったので、レストランの個室を予約して、みんなで一緒にいただくことにしました。



数えで90歳のおばあちゃまたちに合わせて、テーブルと椅子の席で用意してもらいました。椅子だと立ち上がりが楽なんですよね。



まずは旬菜から。里芋団子みたらし、花サーモン、白魚雲丹揚げ、鯛白子寄せ、野蒜土佐味噌、五目チーズ。桜の飾りで季節の演出も。



先付けは、海老とふきの卯の花和え。ぷりぷりで美味しかった♪



椀盛は、浅利蚕豆真薯(花見大根・にんじん・三つ葉・木の芽)。



お造りは、毎日の仕入れによって種類が変わるそう。



温物は、筍含め煮(助子大根巻・桜麩・菜花)。優しいお味でほっこり。



メイン料理は「 鮑の踊焼 」をチョイス。この日は他に「 伊豆のジビエ・鹿の一口カツ 」「 海老芋と椎茸のグラタン 」「 牛肉の角煮 」から選べました。



「 鮑の踊焼 」は、生きた鮑を殻ごと網にのせて焼いていただきますよー。



話が盛り上がっている間に、中居さんが食べやすいように切り分けてくれました。身は柔らかく弾力があって、濃厚なお味♡



叔母は「 いつまでも噛んでいたいって思っちゃうよね。あー飲み込みたくない! 」と言いながら、殻に残っている身も剥がして食べていました(笑)

貝類が大好きなのに、何故かグラタンをチョイスしていた姉に鮑を半分あげたら、グラタンを残して鮑はキレイに食べてたし(笑)

みんなでいろいろ食べるのも楽しいけど・・・チョイスは「 鮑の踊焼 」で正解だったなー。

お食事の合間に、めずらしいわさびビールをサービスでいただきました。すっきりしていて飲みやすかった。



酢肴は、青柳・さより・分葱の鉄砲和え。葱の芯が鉄砲のように抜けることから、鉄砲和えと言われるようになったとか。



鍋物は、鴨と山菜鍋(うるま・ぜんまい・蕨)。時期的に山菜がいろいろいただけて嬉しかったです♪



食事は、白いごはんと赤出汁、お漬物、ごはんの友に手作りのお魚のふりかけを。ふっくらと炊き上がった白米が美味しかった~。



デザートは、「 和菓子 」「 洋菓子 」「 水菓子 」から選べます。わたしは水菓子(フルーツ)をチョイス。オレンジの器に盛られたフレッシュフルーツとゼリーがさわやか。



和菓子の桜餅と、洋菓子のチーズケーキも美味しそうだったなぁ。

食事の量は多いと思っていたのですが、みんなでおしゃべりをしている間に、中居さんが手際よく済んだお皿を片づけ、温かいお料理を出してくださったりして、最後まで美味しくいただけました。

おばあちゃんたちはヘルシーな別メニューだったのですが、最後のフルーツまでしっかり食べていました。

食事の後は、1階のラウンジでアイスクリームのサービスがあるということで行ってみました。

凍らせてある器に、小盛りのバニラアイスクリーム。みんなお腹いっぱいと言いつつ、ペロリと食べてました(笑)



アイスクリームを食べた後は、向かいの売店でお土産を購入して部屋に戻り、それぞれ自由に過ごすことに。

お隣のおばあちゃんたちの部屋には露天風呂が付いているので、食事のあと少しして二人で仲良く入っていたらしく、婦人部の合唱でならした歌声がわしたちの部屋まで聞こえてきていました。

戦争の間、こうやって歌をうたって、心をひとつにして支え合っていたのだなぁ。。。なんてちょっとホロリときつつ・・・わたしはお腹いっぱいでお風呂にも入らず、そのままぐーぐー寝てしまいました(笑)

朝食

翌朝は早朝から大浴場と露天風呂を満喫して、8時半から昨日と同じレストランの個室で朝食をいただきます。

朝食は「 和食 」と「 洋食 」から好きなものを選ぶことができます。日本旅館の朝食で、バイキング以外で洋食を選べるのはめずらしいかもしれませんね。

わたしは「 和食 」をチョイス。伊東の海で獲れた地物の鯵の干物と、ちょうどいいタイミングで蒸しあがった温野菜。小鉢のお刺身やおひたし、浅漬けなどもあっさりとした味で美味しかったです。



脂ののった鯵の干物。塩気もちょうどよく、白いごはんによく合います。



ごはんを食べ始めてから、伊勢えびとあおさのりのお味噌汁も出していただきました。美味しかったな~。

デザートは杏仁豆腐。温かいお茶もいただきました。

おばあちゃんと姉、叔母は「 洋食 」をチョイス。パンには手作りジャムやバター、はちみつが添えられていて、スープやスパニッシュオムレツ、ソーセージのテリーヌなどがつきます。



温野菜は和食と同様。お味噌汁はもしかしたら、通常はつかないのかもしれませんが、今回は洋食の人の分も出してくれました。

デザートにはフルーツヨーグルト。食後にはコーヒー紅茶が付きます。叔父とわたしは和食だったのですが、お願いしたらコーヒを淹れてくれました(^^)


前日の夕食もたっぷりの量をいただいたのですが、朝にはすっかりお腹が空いていて、90歳のおばあちゃんたちを含め、みんなおおかた完食していました。

高齢の方にも人気のお宿なので、食べやすくて消化に負担のないお料理になるように、という気遣いがあるのかもしれないですね。

ちょうど卒業旅行の時期だったからか、若い女の子たちのグループや、男の子のグループも何組か見かけましたが、多くは高齢者の方やご家族連れでした。

バリアフリーで館内の配慮も行き届いていて、お食事も美味しく、親孝行するには本当におすすめの宿です(^^)

伊東温泉 青山やまと


大浴場・露天風呂のレビューへつづく・・・

伊東の街並みを一望できる源泉かけ流しの大浴場&露天風呂