ジェットスター搭乗レポート【1】 のつづきです。

成田空港第3ターミナルまでの長い道のりを乗り越え、厳しい手荷物検査をクリアして、やっと機内搭乗。滑走路に降り、航空機へと乗り込みます。

( 参考記事:成田空港駅から第3ターミナルまでの行き方(かなり遠いよ!)
( 参考記事:ジェットスターは手荷物のサイズ・重さチェックが厳しい!追加料金にご注意を

cimg8321

青空にオレンジ色が映えるね~~~!(← ちょっとテンション上がってる 笑)



今回利用した成田(東京)→新千歳(札幌)便は、横3列✕2のシート。小さめの機体です。



ジェットスターの座席指定は、予約したチケットによっては有料になります。

( 参考記事:ジェットスター成田⇔札幌(新千歳空港)便の予約をしました

追加料金980円がかかる「エクストラ・レッグルーム」は、足元が広めの席というか・・・今回の機体の場合、最前列の席ってことですね。



アップフロント(前方の席で乗り降りがスムーズ)」と「スタンダード」の席は、前の席との間隔がこのくらい。



隣の列の女の子たちでも、ちょっと狭そうな感じ。大きめの男の人だと、だいぶキツイかもしれないですねぇ。



154cmのちびっこの足だと参考にならないかもですが、わたしの場合はこのくらいで、まぁ普通に座れるかなという感じ。脚も組めます。



トイレに行く時には、中央・通路側の人に一度立ってもらわないと出られないので、気になる方は座席指定で通路側を選ぶといいですね。

第3ターミナルにある書店で購入した文庫本をお供に、旅立ちます♪



有料の機内食メニュー

ジェットスターの成田(東京)→新千歳(札幌)便は、機内食もありませんし、飲み物も有料。水平飛行になったら後ろからワゴンで販売に来ますよ~。

各席にあるメニュー表で内容をチェック。



自由が丘の「ジュノエスクベーグル」と、成田山表参道の「なごみの米屋」とのコラボメニュー。

ジュノエスクベーグルのブルーベリーベーグルがあったら食べたかったけど、機内で取り扱っているのは、ブラッドオレンジと小倉マーガリンでした。



カレーやハンバーガーもあります。航空券の予約時に事前注文しておくと、100円安いみたい。



スプーン、機内で買う人いるのかな・・・



軽食とドリンクのセットは50円引きに。



飲み物は冷たいもの、温かいもの、いろいろあります。



お湯・・・200円(笑)



アルコール飲料は持込み禁止なので、飲む方は機内で購入しましょう~。



スナックをお供に。



ジェットスターグッズもいろいろあります。


時間通りに無事到着!

座席には音楽などを聴く設備もないので、お連れの方とおしゃべりするか、本を読む、iPodやスマホで音楽を聞く、ゲームをするなど、自分で何かしら用意していくといいです。

あとはひたすら寝る、ですね。

新千歳空港までは1時間40分、定刻通りに無事到着!あっという間でした。



成田空港までの時間・費用と、第3ターミナルまでの遠さ、そして席の狭さなど、そのあたりを気にしないのであれば、1万円程度で東京⇔札幌間を往復できるジェットスターはすごくいいと思います。

明日から北海道行くか~!など、急に思いついて予約をした時でも、格安料金で乗れるのは非常にありがたい。

ただ、成田空港までの交通費、座席シートの有料指定、荷物の預入料金など、諸々の費用や時間など、すべてをひっくるめて考えると・・・

事前に日程が決まっていて、早めに予約ができるのであれば、ANA楽パック(航空券+宿泊) などを利用したほうがいいかなぁ、と個人的には感じました。