最近読んだ本の中で、とてもおもしろくて、すでに何度か読み返しているこの本。


アルケミスト 夢を旅した少年

旅に持っていくのに文庫本がいいかな~と思ったのですが (Kindleは便利なんだけど、やっぱり旅は文庫本の方が旅の空気があっていい)

勧められてすぐに読みたかったので、kindle版を購入しました。


アルケミスト = 錬金術師

というタイトル。

一体どんな内容なのかな?と思い、読み進めていくと・・・

最近自分の意識が向いていることが、物語として織り込まれて展開していて、本当に興味深く、楽しく、一日であっという間に読み終わりました。

訳者の山川紘矢さん・山川亜希子さんって、たしかスピリチュアル系の翻訳や著書なども出している方たち。

アルケミストの内容を読んで、なるほどなぁ、と思いました。


- おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ。

- 自分も同じ自由を手に入れることができるはずだと思った。自分をしばっているのは自分だけだった。

- 神様は誰にでも行く道を用意して下さるものだ。神様がおまえのために残してくれた前兆を、読んでゆくだけでいいのだ。

- もし常に今に心を集中していれば、幸せになれます。


主人公のサンチャゴ少年の考え方、節目節目で登場する人たち(クリスタル商人・らくだ使い・錬金術師)の教えや人生観などの中に、胸に響くものがいくつもありました。

物語の結末も良かった。

ふんわり系スピリチュアルではなく、「 実(じつ) 」が伴っているのがすごく良かった。


そして、この本を長年愛読している中山美穂さんが、アルケミストの物語を辿る旅の映像で、サンチャゴの世界を目で見ることも・・・

■プレミアムアーカイブス「中山美穂 魂の旅~小説”アルケミスト GG1


この本は、何度も何度も、繰り返し読んでいく本になると思います。

出会いに感謝です。


旅用に文庫本も買おうっと。


アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)