リリコイバターとタロロール

いつも決まって「和食」を選んでいたデルタ航空の機内食。あるとき、「パンに添えてあるバターが美味しいから、洋食を選んでる」という話を聞いて、洋食をチョイスしてみました。

2種類から選べるパンは、ハワイの伝統食材タロイモを練り込んだロールパン「タロロール」を。中が鮮やかな紫色で、ほんのり甘い。そういえば、アラモアナセンター近くの「ヨーグルストーリー」というレストラン(紫色のパンケーキで有名なお店)で食べたエッグベネディクトは、タロロールのものも選べて、ふわふわでもっちりした食感が美味しかったな~。

スーパーなどでも買えるらしいので、スーツケースのスペースに余裕があれば、ハワイのお土産としてもいいかも。次のハワイでは、どこで買えるかチェックしてみよう。

機内食でタロロールに添えられていたのは、リリコイ(パッションフルーツ)のバター。これが、なんともいえない美味しさ!パッションフルーツの酸味とバターのコクがぴったりで、しあわせすぎる。あぁ、なんて美味しいんだろう。

アラモアナセンターのニーマンマーカス内にあるレストラン「マリポサ」のランチやディナーで出てくるパンに添えられているフルーツバターがかなり美味しい、という話を思い出して、それもぜひ食べてみたいなぁと思った。

タロロールとリリコイバターで、機内ですでにハワイの雰囲気を満喫。ハワイ行きの飛行機の楽しみがこれでまたひとつ増えました♡




ハワイのおすすめホテル ベスト3