前回付けたohoraネイルの左手親指のパーツネイルが浮いてきたのでオフしました。もちは1週間ほどでした。

現在の自爪の状態はこんな感じ。

上半分くらい、オフのときに爪の表面が持っていかれてうろこ状に剥がれたり、凸凹したりしている部分。

下半分の傷みがない部分は、ohoraのプライマー を使いはじめてオフのときに傷まず、健康な状態を保っています。手触りもつるつるしています。

で、ohoraのプライマーすごいな~!!ということで、ohoraネイルをすすめるときに、あるといいもののひとつとしてこちらのプライマーも一緒におすすめするようにしています。

プライマーを毎回使うようになってから、爪の下半分、新しく生えてきている部分の健康な状態を保てているので、よしよし。と思っていたのですが。

ふと思い返してみると、一番最初にohoraネイルをしたとき、ohoraのプライマーが品切れで買えず、「あ、ネイルプライマーうちにあるじゃん!」と、一般的なネイル施術のときに使うプライマーをつけたんです。

ネイルプライマーは、ネイルの持ちを良くするためのものなのでちょうど良いだろう、と思ったんですが・・・

ohoraのプライマーは、接着を強化するためのものではなく、逆に爪の表面に保護膜をつくって、オフしやすくするものなんですよね。

この下地を塗っておくと、オフするとき本当~に簡単につるんと剥がせます♪

なので、人によっては「全面塗りするとohoraネイルが取れやすくなる」という声もちらほら聞こえてくるようなアイテムなのです。

その違いを知らず、取れにくくするためのプライマーをつけていたのですよね。今考えると、オフするときけっこう時間がかかっていたんですよね~。

そんな感じで、私も最初はプライマーの違いなんてわからずに使っていて、うっかり自爪を傷めてしまったので・・・

これからohoraネイルを始めようと考えている方は、ぜひぜひ ohoraのプライマー も一緒に使ってみてほしいなと思います。

爪の薄い方やジェルネイルで傷みやすかったという方は特に!!!


【公式】Pro nail primer:PC-NP-002