今つけているohoraネイル「N Audrey」のパーツネイルがポロリンと取れました。

ちゃんと プロネイルプライマー(下地) を塗っていたので、自爪にダメージはなし。本当にポロリと綺麗に外れてくれました。

↓ 甘皮処理をした後。利き手のケアも上手にできるようになってきました♪

ダメージなくつるんと外れるということは、じゃあ、すぐにネイル取れちゃうの?と思う人もいるかもしれませんが、この部分は付けてから2週間はしっかり付いていたのですよね。

他の部分はまだまだ取れる気配もなく、浮きなどもなし。やっぱりパーツネイルは引っかかりがあるので、どうしても取れやすいのかも。それでも1~2週間持ってくれれば十分ですが。

ohoraネイルの持ちについてはこちらの記事を。

そして、プロネイルプライマー(下地)については、これまでもいくつか記事を書いています。

ohoraネイルのことを紹介するときにも「爪が薄かったり弱い場合は、プライマーがあったほうがいいかも」という感じでおすすめしていたのですが・・・

訂正します!

プロネイルプライマーは初回から必須!

ネイルランプやリムーバーと一緒に初回から揃えて使ってほしい。

プロネイルプライマー(下地)

なぜ、ここにきてそう思ったのかと言うと、フットネイルの傷みが気になったからなんです。

ハンドはわりとすぐに伸びるので、プライマーを使いはじめて数ヶ月したらだんだんと健康な爪の部分が広がってくる。

しかしフットはなかなか伸びない。いまだに半分くらいうろこ状にめくれて白くなっている爪があります(右足の親指は上半分くらい白くなっています)。これ、全部つるんとなるまで、あと何ヶ月かかるのだろうか・・・と思ってしまいます。

最初にohoraを購入したときに、続けるかどうかわからないからとりあえずプライマーはいいか、と買わずにいたんです。

だけど、続けるかどうかとかじゃなくて、最初にベタッと爪全体に貼るのだから、たとえ1回だとしても傷んでしまうと、基本そこが伸びきるまでは傷んだままなんですよねぇ。

初回にそこまで傷んでないように見えても、少しでも表面がめくれていてその上にまたシールを貼ることを繰り返していくと・・・やはり傷みは進んでしまいます。

なので本当に最初からちゃんと使ってほしいです。

ネイルが取れやすくなるという人もいますが、自爪が傷むよりはいいと思います。あとは、爪の根元やサイドを外してプライマーを中央のみに塗るという方法でも少し持ちが良くなったります。

ということで、これからohoraネイルを試してみようと思っている方、過去に使ってみて爪が傷んでしまってやめたという方は、ぜひぜひプライマーも一緒に使ってみてくださいね!


【公式】Pro nail primer:PC-NP-002