山代温泉 古総湯のステンドグラス

今回の金沢女子旅で宿泊した山代温泉・瑠璃光(るりこう)から、歩いて10分ほどのところに「古総湯(こそうゆ)」「総湯(そうゆ)」という昔ながらの銭湯があるというのを知り、早朝から行ってきました♪

「古総湯(こそうゆ)」はステンドグラスがあったり、壁のタイルが九谷焼だったり。とても趣深い内装になっているのです。

ここは写真を撮りたい!!ということで、他のお客さんがいないであろう朝一番に行って、バッチリ写真を撮ってきましたよ~。(本来は写真撮影不可だそうです)

朝イチで古総湯へ

瑠璃光(るりこう)のフロントで「古総湯・総湯」の入浴チケットを購入すると、少しだけ割引になるので、前日の夜に手に入れておきました。

山代温泉 古総湯 入浴チケット

なってったて、朝一番に行かないといけませんからね!

5時に目覚ましをかけて、5時45分には部屋を出ます。まだ暗い。そして、寒い・・・

瑠璃光(るりこう)から古総湯までは、きっかり徒歩10分というところ。道はまっすぐ1本道なので迷わずに行けました。

11月の朝6時はまだ薄暗いので、古総湯の外観はステンドグラスがキレイ。

山代温泉 古総湯

朝日に照らされている写真とはまた違った趣でよかったです。

地元の人に愛される銭湯

6時になり入り口へ向かうと・・・地元のおじちゃまが颯爽と一番乗りで入っていきます。

地元の人に愛されている銭湯、と書かれていたけど、本当なんだ!こんな朝イチで来ているなんて!!

山代温泉 古総湯 入り口

女性はわたしたちが一番乗り。銭湯のおばちゃんに案内してもらって、女湯へ向かうと・・・

お風呂場の一角に脱衣所がある!?

しかも、この古総湯は、「昔ながらの入浴スタイルを再現した銭湯」ということで、洗い場がなく、シャンプーなどは一切使えないのです。本当にお湯に浸かるだけ。

今まで見たことがないスタイルの銭湯です。

山代温泉・古総湯の見どころ

内装は本当にステキで、壁面上にはカラフルなステンドグラスが。

山代温泉 古総湯のステンドグラス

壁面下のタイルは九谷焼。

山代温泉 古総湯の九谷焼タイル

壁面や扉は拭き漆。美しい・・・

山代温泉 古総湯 拭漆

↑ わたしはここが一番興味深かった。

他のお客さんが来る前にササッと写真を撮らせていただき、着替えてお湯に浸かります。

温度も熱すぎずちょうどよく、肌当たりがまろやかでいいお湯です♪

壁に飾られてた「入浴心得」を見ると、熱すぎるときは「湯もみ」をするように、と書いてあります。

山代温泉 古総湯 入浴心得

銭湯の一角には、湯もみをする湯もみ棒が。ホントに湯もみするんだね(笑)

山代温泉 古総湯 湯もみ棒

総湯や足湯など湯巡りもおすすめ

7時からは、宿泊している瑠璃光(るりこう)の貸切露天風呂が無料開放になるので、ササッとお湯に浸かって、2階の休憩室で温かいお茶をいただいて帰ります。

山代温泉 古総湯 休憩所

山代温泉 古総湯 休憩所

古総湯の近くには総湯という銭湯や、足湯などもありますよ。こちらもいい雰囲気。時間があったら寄ってみたかったな~。

山代温泉 総湯

山代温泉 足湯

時間がある方は湯巡りをしてゆっくり過ごすのもいいかもです♪

次のページ → 人気の貸切露天風呂は早い者勝ち!

ホテル 瑠璃光(るりこう)のお得な宿泊プラン一覧

瑠璃光

ひらめき 【飛行機+宿泊】航空券付き宿泊プランはこちら
飛行機 ANA楽パック飛行機 JAL楽パック