ジェットスターのフライトに持ち込める荷物は、「 受託手荷物 」と「 機内持込手荷物 」の2種類。どちらにも厳しい制限があるので要注意です!

cimg8281

サイズオーバー、重量オーバーともに、預入の追加料金が取られてしまうので、旅行の準備をする際にしっかりチェックしておきましょう!

受託手荷物

チェックインカウンターで預ける手荷物。ジェットスターでは、重量別で有料となります。



託手荷物料金は、航空券予約のときに同時に申し込み・支払いをするのがいちばんお得。15kgから最大40kgまで、5kg単位で選んだ重量分だけの受託手荷物料金がかかります。



チェックイン時に手荷物の預入を希望する場合は、手荷物が15kg未満でも15kgの料金がかかります。(日本国内線の場合2,600円!)

機内持込みサイズを超えたスーツケースや、重量オーバーしそうなもの(手荷物は7kg以内)など、預け入れる荷物があるな~という場合は、航空券の予約をする時に事前申し込みを忘れずに!

機内持込手荷物

機内持込手荷物は、機内のキャビンに持ち込める手荷物です。キャビンでは、頭上のロッカー、または前の座席の下に収納します。



荷物は少なめだから、機内持込み手荷物のみで行く!という場合も、サイズや重量に厳しい制限があるので、事前チェックをぬかりなく。

キャリーケースなどの手荷物1個とお手回り品1個の、合計7kgまでとなります。



機内持込みサイズのスーツケースを持ってきている人もたくさんいましたが、だいたいスーツケースだけで2kgくらいはあるので、うっかり中身を詰め込み過ぎると、簡単に重量オーバーしてしまいます。

チェックインカウンターのところに、サイズ・重さを確認するところがあるので、保安検査場を通ってゲート内に入る前に一度確かめておくといいですね。



今回の旅の荷物。サイズはOK!



重量は、手持ちのノートパソコンを含めると・・・約5.5kg。ナイロンバッグは軽いのでセーフですが、革のバッグだとあぶない感じ。



最近ではチェックが厳しくなっていて、搭乗口の前で検査を受けてOKがでなければ乗せてもらえません。



今回の荷物は、ノートパソコンを含めて5.2kg。セーフ。



実家に宿泊するので、着替えも最小限、洗面道具なども一切持っていません。お土産もかりんとう2袋のみ!

有料の預入をせずに、手荷物だけでの旅行というのは、ジェットスターだとちょっと厳しいかもしれませんね。

サイズ・重量ともに条件以内であれば、「 carry-on baggage 」のラベルを付けてもらえます。これで機内持込みが可能に。



機内で飲むお水や、最後のお土産などは、搭乗前のサイズ・重量チェックが終わった後に購入するといいですね。

手荷物の厳しい条件を知らない人も多く、機内持込みサイズのスーツケースや大きなデイバッグ(リュックサック)を持っている人、お土産の紙袋を複数個持っている人など、チェックが入っていまいた。



ただ、裏技?があって、連れの人の荷物と合算することもできるようで、2人合わせて14kg以内ならOKが出ていました。

一人で7kgを超えてしまうとアウトです。

搭乗口前には、直前で預入荷物となってしまったスーツケースやお土産の袋が、いくつもありました。

せっかくLCC(格安航空会社)を利用して安い航空チケットを買ったのに、ここで高額の超過料金を取られるって・・・切ないですよね(T_T)

ジェットスターに搭乗する際は、手荷物のサイズ・重量のチェックは事前にしっかりとしておきましょう!!

【ジェットスター搭乗レポート】
【1】成田(東京)→新千歳(札幌) へ!第3ターミナルから搭乗
【2】座席の広さと有料の機内食をチェック