リファ

たまに思い出したらコロコロしてみる・・・という感じで、使ったり使わなかったりしていた 美容ローラReFa(リファ)。最近、知り合いの女子の間で美容話をしているときに話題にあがり、また思い出して毎日使っています。

ReFa(リファ)は芸能人やモデルさんなんかも愛用していていろんなところで紹介されたり、とても人気の美容ローラーで、持っている人もけっこう多い。

そして、持っているだけで使っていない、という人もかなり多い。

これはReFa(リファ)に限らず、美容アイテム、健康アイテムのあるあるですよね。本当に。「何を使っているか」よりも「どう使っているか」「継続して使っているか」という方が大事です。

お肉を挟まない使い方

単純に面倒になって続かない、ということがほとんどなのでしょうけれど、中には「お肉を挟んでしまって痛い」というのが「なんか嫌だな」となり、そのままあまり気乗りせずに、やらなくなってしまう、という人もいます。

「痛み」も不快に感じるものだし、「お肉感(デブ感)」をなんとなく感じてしまうのも不快になるのかもしれない。無意識で。二の腕とかコロコロしていると特に「あっ!」ってなりやすいですもんね・・・

ReFa(リファ)をコロコロしているときにお肉を挟み込んでしまう!というアクシデント?を回避するには・・・

お風呂で使うのがおすすめです♪

濡れた肌に使うと滑りが良くなって、お肉をキュッと挟み込んでしまうことがなくなります。

あまりグイグイやっているとさすがに挟まるかもですが、もともとリファってグイグイ使うものではないので(軽く肌の上を滑らせるだけで効果があるんです!)お風呂でも挟み込んでしまうということは、少し力加減が強すぎるのかもしれませんね。

お風呂で使うメリット

お風呂で ReFa(リファ)を使うメリットは他にもあるんです。

それは「毎日続けやすい」ということ。毎日お風呂に入るタイミングでやるので、習慣にしやすいんですよね。

特に毎日湯船に浸かる人は、手持ち無沙汰な?その時間にコロコロすればいいだけなので、本当に簡単に継続できる。

↓ 以前にもブログで書いてました。

その頃、友人もお風呂で使うようにしてから習慣化したと言っていて、フェイスラインがすっきりシャープになっていました。本当に効果あるんだ~って思った。

お風呂でReFa(リファ)を使うと「お肉を挟み込まない」「毎日継続しやすい」と一石二鳥なのです。

ライフスタイルによって合う合わないはあるかもしれないですが、ReFaがなかなか続かないという方は、ぜひ一度試してみてください♪

 
 
リファカラット 美容ローラー人気の火付け役!リファの秘密
【体験レビュー】 【関連まとめ】 ▶ ReFa(リファ)の選び方~使う部位別~ ▶ ReFa(リファ)の選び方~ローラーの大きさ別~ 【おすすめ記事】 ・ リファシリーズ最初の1本としておすすめなのはコレ!