先日、チャイルドたちから届いたお手紙や成長報告、ワールド・ビジョン・ニュース(季刊誌)などをスキャナーで読み込んでデータ化しました。

チャイルドからのお手紙

これは一緒に支援をしている仲間内でのみ公開しているサイトにアップしていっています。これで、どこに住んでいてもサイトでお手紙を確認できるのです。

3~4枚のお手紙が届きます

ワールド・ビジョンのボランティアスタッフさんたちの力を借りて私達のもとに届くお手紙は、一通につきたいだい3~4枚入っています。

・チャイルドの書いた原文(文字を書けない年齢の子はスタッフさんが代筆してくれます)
・現地スタッフさんが翻訳した英語文
・国内スタッフさんが翻訳した日本語文

これだけの人の手を借りて翻訳されておくられてくるので、片道2ヶ月前後。こちらから贈るお手紙の往復を考えると4ヶ月くらいの期間は必要です。

なので、わたしたちはお手紙の返信が来てからではなく、こまめに1~2ヶ月おきにお手紙を書くようにしています。そうすると返信も毎月のように届きます。

しかしこれは複数人の仲間で5人のチャイルドとのやり取りをしているからでもあるので、1対1での支援の場合は、チャイルドからの手紙が届いてからまた返信をする、というゆっくりなやり取りでも楽しいと思います。

手紙のデータ化はスキャンスナップで

スキャンスナップ

いつもお手紙や季刊誌などをデータ化するときにはスキャンスナップを使用しています。かれこれ7~8年は使っていて、これは2台目です。

一度買い換えるときにいろいろ調べたのですが、大きさや価格、性能のバランスが良いはやはりスキャンスナップでした。

現在使っているのは「スキャンスナップS1300i」。

スキャンスナップ側面

かなりコンパクトなつくりになっているので、デスクの上でもスペースを取らなくて本当にありがたい。

持ち運び用の専用ソフトケースも付いていました。持ち歩いて使う人もいるのでしょうかね?

ハガキサイズ~A4サイズまで対応

スキャンスナップS1300iはコンパクトなスキャナーながら、ハガキサイズ~4サイズまで対応。チャイルドたちから年に1回送られてくる「成長報告」の写真などもこれでスキャンします♡

約10年前に支援をスタートしたバングラデシュの女の子たちは、今や16歳になり、すっかり素敵なお姉さんになっています。

チャイルドの写真

この写真の女の子は、高校卒業が決まっていて大学に進む予定なのだとか。将来は腕のいいお医者さんを目指しています。

お手紙にはチャイルドがイラストを描いてくれていることが多いのですが、みんなどんどん絵がレベルアップしている!本当に目を見張るほどの成長ぶりです。

ひとりひとりの存在と成長に感謝😊

国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

【関連記事】チャイルド・スポンサーシップ仲間が増えました♡チャイルドたちにお手紙を書きました♡ワールド・ビジョン・ジャパン30周年フィナーレイベント参加レポート