安曇野の旅館 お宿 なごみ野(穂高温泉郷の和風モダン旅館)の宿泊記です。



10月に姉が長野(安曇野~諏訪)で2泊、東京に2泊するということで、長野の1泊をご一緒することに。

姉チョイスの旅館「 お宿 なごみ野 」へやってまいりました。

夕方に長野着予定の姉よりひと足お先にお宿へ。

あいにくの雨ですが、これもまたしっとりとした雰囲気でいいものです。



お宿 なごみ野 」は、穂高駅から車で約10分ほどの場所にあります。

予約時にお願いしておくと、無料送迎してもらえますよ。

宿に到着すると、お庭が見えるテーブル席でウェルカムドリンク(りんごジュース、しそジュース、ゆず茶)のサービスが。



りんごジュースにしてみました。



宿帳を記入した後、簡単に館内の説明があり、早速お部屋に案内してもらいます。

今回は、本館から渡り廊下で繋がっている別館の隠れ家的なツインルーム。こじんまりとしていてコンパクトにまとまっているお部屋です。



窓からの眺めがいいね。紅葉が見えます。



さて、姉が到着するまでの間、館内散策でも行きますか~。

お部屋のすぐ横には、広々とした休憩室があります。



本がたくさん置いてあって、BGMはクラシックが流れています。

お茶も自由に飲めますよ~。



扉の向こうはお風呂になります。内風呂があり、その奥が貸切風呂、さらに奥が露天風呂です。

貸し切り風呂は予約制ではなく、空いていたら入っていいのだそう。

・・・空いてる!



写真を撮らせてもらおうと思って入ってみたんだけど、そのまま入浴しちゃうことにしました(笑)



はぁ~気持ちいい~♪

お湯加減もちょうどよくて、30分くらいゆ~っくりと楽しませてもらいました。

なんか、すごーく静かで、自宅のようにくつろげる感じ。リピーターさんが多いのがうなずける。



夕食の時間は18時20分。それまで休憩室でクラシックを聞きながら、お茶を飲んだり本を読んだりしながら過ごします(^^)

お宿 なごみ野