最近ふと思い立って、シャンプー前の丁寧なブラッシング を習慣のひとつに加えました。


( 関連記事:髪に艶(ツヤ)を出すためのメイソンピアソン・ヘアブラシの使い方

これねー、思った以上の効果です!

まず、頭皮がスッキリする。

生え際から、こめかみから、襟足から、頭頂部へ持ち上げるようなイメージで丁寧にブラッシング。お風呂のお湯をためている間、5分くらいかな。

適度な刺激で血行が良くなるようで、頭皮がポカポカしてきます。

わたしの 愛用しているブラシ の口コミには「 ブラッシングをして頭痛がなくなった! 」という方も多数。



実際にやって体感すると、なるほど納得。頭痛や肩こりがなくなるって、ありえるわ~と思います。

そして、丁寧にブラッシングした後にシャンプーすると、泡立ちがハンパなく良いです!洗い上がりもスッキリ。

乾かした後は、髪が軽くなりサラサラに✨ 心なしか根元の髪が立ち上がってふんわりしている感じ。

いや~こんなに即効性があるとは!


ブラッシングを習慣にしようと思ったきっかけは、髪のうねりが年々ひどくなっている気がしたから。

頭皮の毛穴の形が変わることで(要は毛穴がたるむってことですね)、髪の毛があらぬ方向に向かうらしいです。

昔の職場にいた50代の女性が、「 昔はものすごいストレートの髪だったのに、今は自然乾燥するとパーマかけたみたいにくるくるになるのよ~ 」と言っておりました。

当時20代だったわたしは、そんなこともあるんだ~なんて思っていましたが・・・

時は経ち、その時に聞いた話を自分の髪で実感しつつあります。

で、

毛穴のたるみが原因のひとつってことは、ブラッシングで頭皮ケアして、毛穴が引き締まってきたらうねりも少しは改善するのでは?

と思い、ブラッシングをはじめてみることにしたんです。

ついでに白髪も減るといいな~なんて。

あ、あとは、顔と頭皮はつながっていますから、「 頭皮のケアをすることで、顔のたるみも引き上がる! 」という話も良く聞きますね。

様々なアンチエイジング効果が期待できるわけです。


一時期は頭皮ケア専用のアイテム( これ )が欲しい!と盛り上がっていたんですけどね。

こういう「 ◎◎専用アイテム 」が増えていくと、当然モノが増えていくわけで、購入するのを躊躇していました。

ブラッシングなら、今あるブラシを使えばいいわけだから、モノが増えることもないし!

と言いつつ、ブラッシングしやすい大きいサイズのものを追加で買おうとしています(笑)

今使っているのは、メイソンピアソンのヘアブラシ。



髪にツヤが出てしっとりまとまるという効果の他、ブラッシングによる頭皮ケアにも適しているブラシです。

ブラッシングとは単に「髪をすく」だけが目的ではありません。
創立者メイソンピアソン氏は「頭皮を刺激し、毛根部の栄養分を髪全体に行き渡せることこそが、ブラッシングの意義である」と考えました。
彼の発想はコンディショニング・トリートメント効果と言われ、今日ではヘアケアの常識となっています。
猪毛の長所である「髪のキューティクルによくなじみ、髪に優しく汚れを落とす」特徴を生かしながら、なおかつ猪毛の硬さで頭皮を傷めないようにするにはどうすればよいか。
この答えを求めたメイソンピアソンがたどり着いたのが、独自に開発したクッションパッドでした。



中空構造のパッドを植毛部分に採用し、空気でクッション化することで、「ほどよい刺激を与えながら、地肌の血行を良くするヘアブラシ」という理想のコンディショニング・トリートメントを実現したのです。


最初の1本は、旅行にも持っていきやすいポケットサイズで、髪通りのいい猪毛とナイロン毛のミックスタイプを選びました。

猪毛+ナイロン毛

ブラッシング用にと狙っているのは、硬質猪毛100%のタイプ。できれば 一番大きいサイズ が欲しい✨

硬質猪毛100%

お値段は・・・うーん、やっぱり高級。

でも、最初に買おうと思っていた 頭皮ケア専用アイテム の値段を考えたら、安い!(笑)




ブラッシングの効果は、引き続きご報告していきます(予定)

メイソンピアソン(MeisonPiason)のヘアブラシ