エアコンをつけていない日中の時間帯は、リビングとベッドルーム両方の部屋から光が入ってくるようにカーテン全開にして、ふたつの部屋の間にある扉も開けてあります。

こうすると部屋全体が明るくなって気持ちがいいんだけど、いつも座っている位置から、ベッド越しにベランダの非常扉の文字が目に入る・・・(^_^;)



この非常扉は、基本的に非常事態の時に突き破って隣のベランダに逃げ込むためのものだから、前に物を置いちゃいけないんですよね。

ゆくゆくはベランダの床にウッドパネルを敷きたいと思っていることもあって、非常扉と同じ大きさくらいのラティスやグリーンで目隠ししようかなーとも思ったり。

あとは、マリメッコのファブリックのはぎれがあるから、それを文字の部分に貼ろうかな~とか。でも、けっこうコントラストの強いハッキリした柄なので、そこだけ浮いちゃうかな~と。

いろいろ考えていたときに、ふと思い出したのが・・・使っていない壁紙の存在。

以前仕事で使っていたもので、引っ越しの時に一部を持ってきていたんですよね。

おうちDIYスタート!

必要な材料は、「 壁紙 」と「 はがせる両面テープ 」の2つ。



この両面テープ は跡が残らずキレイに剥がれて、かつ粘着力も強力なので、賃貸マンションの壁にポスターなどを貼る時に便利なんです♪


ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用 15mm×10m

まずは、測った寸法通りに壁紙をカット。



カットしたら、裏面の端全体に両面テープを着けます。微妙に足りなかった(笑)



だいたい全体的に貼れているので大丈夫でしょう!

これで準備は完了。ベランダに出て非常扉に貼ってみます。

ビフォアアフターを見てみましょう

元の状態はこちら。大きな文字で注意書きが書かれています。



「 非常の際には、ここを破って隣戸へ避難出来ます 避難のためこの附近に物を置かないで下さい 」はい、置きませんよ~。

カットした壁紙を貼ってみると・・・わっ!かなりいい感じです\(^o^)/



今回使ったのは小さなタイル柄。壁紙は厚みがあって、下の文字もまったく透けません。バッチリだ~。



うん。遠目に見ても自然でいいですね。



ベランダで雨風にさらされるわけですが、拭き掃除もできるし、傷んできたら張替えもできる♪

ビフォアアフターはこんな感じ。余計な情報が目に入ってこなくなり、スッキリとしました~。満足満足♡



レンガ柄にしてみたり木目で扉っぽくしたりすると、ベランダガーデンにもマッチしそうです。

 

今はまだ殺風景ですが、暖かくなってきたらベランダでも快適に過ごせるように、ちょこちょこ手を入れていこうと思います(^^)

理想はこんな素敵なベランダ




【おすすめ記事】