初めてLCC(格安航空会社)のジェットスターを利用して北海道へ。

既存の航空会社(JAL・ANA・エアドゥ・スカイマーク)などと勝手が違い、注意点などもいくつかわかりましたので、詳細をレポートいたします☆



成田空港 第3ターミナルから搭乗

ジェットスターを含むLCC(格安航空会社)のフライトは、成田空港の第3ターミナルから搭乗します。(ピーチ航空のみ第1ターミナル)



最寄り駅は、成田空港第2ビル駅。成田空港までの交通手段はいくつかありますが、行きは時間厳守なので成田エクスプレスで行きました。

( 参考記事:東京都内から成田空港(第3ターミナル)までの交通手段は何で行く?



成田空港第2ビル駅から第3ターミナルまでは、かなりの距離がありますので、国内線とは言えども時間に余裕をもって行動します。

改札を出てから710m!

( 参考記事:成田空港駅から第3ターミナルまでの行き方(かなり遠いよ!)



地上に出て黙々と歩きます。



途中で無料のシャトルバスに乗るのもありですが、歩いたほうが早いです。

< 追記 > バスのルートが短縮になって、3分でターミナル3に到着するようになったそうです(^^)



やっとたどり着いた第3ターミナル。スーツケースなしの超早足で約10分。スーツケースを転がして普通に歩いたら15~20分くらいは見ておいたほうがいいです。


カウンターでチェックイン&荷物預入

真新しい第3ターミナルに入ると、陸上競技場のトラックのような光景!(笑)



ジェットスターのチェックインカウンターは入り口のすぐ目の前。預け入れる荷物がある場合は、ここで。



機内持込みの荷持には、サイズ・重量ともに厳しい制限がありますので、保安検査場に入る前に、チェックインカウンター近くにある計りで確認しておきましょう!



機内に搭乗する直前に、サイズ・重さのチェックが入り、超過している分は別途追加料金が取られてしまいますのでご注意を!

( 参考記事:ジェットスターは手荷物のサイズ・重さチェックが厳しい!追加料金にご注意を

チェックインカウンター前には自動チェックイン機も何台かありますが、できれば事前にWEBチェックインを済ませておくのがおすすめ。

プリントアウトしたり、スマホで表示できるようにしておけば、チケット発券の手間が省けます。

ちなみに、チケットの発券時間は、離陸30分前までですのでお気をつけくださいね!

食事はフードコートで

第3ターミナルには、かなり広~いフードコートがあります。



スマホやパソコンの充電もできますよ~。



保安検査場を通過した後は、レストランやカフェなどはありません。スカイマークとバニラエアの小さな売店があるくらい。

空港ラウンジもないので、食事をするなら、保安検査場に入る前にフードコートで。

ただ、保安検査場が混み合っていたり、搭乗口まで300mほど歩かないといけなかったり、まだまだ気は抜けませんよー。

保安検査場→搭乗口まで300m

フードコートの奥に保安検査場があり、ここからゲート内へと入ります。



WEBチェックインをして、預入荷物もなかったので、そのまま保安検査場に入ります。



無事検査を通り抜けたら、ここからさらに搭乗口のあるサテライトまで歩きますよー!



遠いなーーー。



連絡橋から滑走路の飛行機を眺めつつ・・・



やっと搭乗ロビーに到着です!


手荷物のサイズ・重さの最終チェック!

搭乗口の手前で、手荷物のサイズ・重さの最終チェック!



キャビンに持ち込めるのは、手荷物+身の回り品1点、合計7kgまで。制限内であれば持込みOKのタグをつけてくれます。



機内持込み手荷物のサイズ・重さ制限を知らずに、搭乗の直前で預入荷物になり、追加料金を取られている人がけっこういました・・・



ジェットスターの手荷物制限は、かなり厳しいらしいので、みなさん気をつけましょうね・・・

( 参考記事:ジェットスターは手荷物のサイズ・重さチェックが厳しい!追加料金にご注意を

さて、いよいよ搭乗時間になり、機内へと乗り込みます!

ジェットスター搭乗レポート【2】座席の広さと有料の機内食をチェック