篠原涼子さん主演のドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)の第7話が11月26日に放送。

オトナ女子 第7話

※女子会で使われているグラスは → これ!

オトナ女子 第7話あらすじ

亜紀(篠原涼子)を心配して温泉宿まで駆けつけた高山(江口洋介)。酔って寝ている亜紀を見て、そのまま立ち去ろうとするが…。

翌日、萠子(吉瀬美智子)と電話をした亜紀は、高山が亜紀のメッセージを見て店を飛び出して行ったことを聞く。亜紀は、駆けつけてくれたと聞いた、と高山を問いただすも、「妙な誤解をしているんじゃないか」と言われてしまう。するとそこに池田(平山浩行)がやって来る。

一方、萠子の店には、連日、田代(丸山智己)が来ていた。嫌がる萠子をよそに話し続ける田代。すると、一度だけでいいから一緒に飲みに行ってくれたらもう来ないと言い出し…。その頃、みどり(鈴木砂羽)は沢田(千葉雄大)から、次男・碧(矢部昌暉)が年上の女性と腕を組んで歩いているところを見た、と連絡を受ける。後日、バイト終わりの碧をこっそりつけたみどりは…。

ある夜、亜紀は高山に、別の部署に異動して悪戦苦闘していることを話す。その後、高山の話を聞いた亜紀はある決意をして…。

次回予告の映像の最後に、亜紀(篠原涼子)が高山(江口洋介)に駆け寄って抱きつくシーンがあるけど・・・どういう流れでそうなっていくのかな。気になるところです。

オトナ女子 第7話

「オトナ女子」第7話の感想は放送終了後に更新予定です♡

[adrotate banner=”18″]