北海道のソフトクリーム食べ比べ 第8弾!

東亜珈琲館(とうあこーひーかん)の ハスカップソフト&コーヒーソフト を食べてきました。

東亜珈琲館は千歳市内に古くからある、渋~い老舗喫茶店。新千歳空港にお店を出したのはここ数年のことではないかなと思います。

(調べてみたら、一年前の2018年4月オープンだそうです。新しいんだな。)

新千歳空港のお店は喫茶店ではなく、基本はテイクアウトで、お店の横にカウンター席が数席ある程度の「コーヒースタンド」的な構えのお店。

すぐ近くにテーブルと椅子がたくさん並んでいる飲食スペースもあるので、そちらでゆっくり食べることもできますよ。

東亜珈琲館のソフトクリームは「北海道ハスカップソフト」「北海道バニラソフト」「珈琲ソフト」3種類のフレーバーと、バニラとのミックスが2種類あります。

(それぞれ値段が、390円・360円・380円と刻んであるのが良心的だなと感じます。)

ハスカップソフトも、珈琲ソフト食べたい~~~!!!と思ったら。3種類の味が楽しめるアソートセットがあるじゃないですか!!

3つも食べられるかな・・・と店員さんに聞いてみたら『とっても小さいサイズなので、おひとりでも食べられますよ~』とのこと。

これに決まりです♡

丁寧につくってくれたソフトクリームは、本当にひとつひとつがミニサイズ!!

写真で見ると少し大きく見えるかもしれないけど、高さ10cmくらい。コーンもとっても可愛らしいミニミニサイズです。

早速、ハスカップソフトからいただきます♡

ハスカップとは千歳市内で獲れるベリー系のフルーツで、不老長寿の実と言われています。アントシアニンなどたっぷりで栄養価が高いのですよね~。酸味があってとても美味しいです。

ソフトクリームはシャリシャリ系で、シャーベットとかソルベって感じかな。さっぱりしていてすごく美味しい!

珈琲ソフトは自家焙煎の挽きたてコーヒー豆が使われていて、ほのかな甘味と苦味がいい感じです。これ、好きかも♡

サロベツ産の牛乳をつかったバニラソフトクリームは、コクがあってかつ質感はさっぱり、かな。

新千歳空港内には、たくさんの美味しいソフトクリームが揃っていますが、ハスカップや珈琲は他にはなかなかないフレーバー。しかも美味しい!

バニラに飽きて、ちょっと目先を変えたいときにはいいかも。

これはちょっと番外編という感じでしたが、またリピートして食べたいなと思いました♡

これまでの「 北海道のソフトクリーム食べ比べ 」ブログ記事一覧