軽井沢2日目はあいにくの雨。朝から軽井沢プリンスショッピングプラザでサクッとお買い物を済ませ、午後の時間は軽井沢駅から無料バスで行ける星野エリアへ行ってみることにしました。

星野エリアへは、軽井沢駅・南口(プリンスショッピングプラザ側)のバス停から、一日何本か運行している無料バス(予約不要)に乗ります。

星野リゾート、トンボの湯、ハルニレテラスなど、星野エリアにある施設に行く場合は、この無料送迎バスを利用することができますよ。

乗車するときに運転手さんに「星野エリアの施設をご利用ですか?」と聞かれるので、『はい』と答えるだけでOKです。帰りのバスもレシートなどの証明書は特に必要ありません。乗るだけです(笑)

冬期のオフシーズンは、運行本数が少ないので、帰りの時間も確認しておきましょう。

星野エリアは、湯川の清流に寄り添うように自生していた100本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、9棟のモダンな建物を広いウッドデッキでつながっていて、「トンボの湯」を中心に「小さな街」ができあがっています。

トンボの湯

ハルニレテラス

バス停から徒歩5分くらいの場所にある「ハルニレテラス」には、個性的なショップやレストランが15店舗集まっています。

おそばの川上庵。軽井沢はお水がいいから、おそばも美味しいんだろうな。

丸山珈琲はブックカフェになっているみたい。

美味しいパンが店内やテラス席でも食べられる、沢村(SAWAMURA)。

考えてみたら・・・軽井沢1日目の朝食を食べたブランジェ浅野屋は六本木に、川上庵は麻布十番に、丸山珈琲は西麻布に、沢村は広尾に店舗がある。

六本木・麻布界隈って、小さな軽井沢!?(笑)

魅力的なお店が揃っているハルニレテラスでしたが、お昼ごはんを食べるところは決めてきているので、今回は散策のみ。

爽やかな初夏の時期にまたゆっくり来てみたいな。

ちなみに、冬の時期はハルニレテラス全体の板張りの床が危険なほど滑ります。雪道に慣れている道産子のわたしでも、何度も足を滑らせてひやっとしました。

冬に行かれる方はお気をつけくださいね!

次のページ → 村民食堂の十色野菜どんぶりでほっこりランチ